信頼できる歯医者で親知らずを抜こう|快適な口内環境へのヒント

歯ブラシを持った女性

麻酔や傷のケアが大切

歯科医師と患者

親知らずを抜歯するには麻酔が必要です。歯茎を切開したり、歯を抜いたり様々なことを行なうため、痛みを感じないように丁寧にケアをしてくれる歯科探しが重要になってくることでしょう。

詳細

体力があるうちに抜歯

治療中の男性

親知らずは18歳ごろから生えてくるといわれています。なお、体力がある年齢のうちに抜いた方が良いといわれているため、親知らずの存在に気づき、生え方に違和感があるという場合は早めに相談した方が良いでしょう。

詳細

骨が痩せて顔が変わる

歯を持っている手

親知らずを抜くことによって小顔になるという噂があります。なお、人によって得られる変化は異なるため、自分の生え方や顔の状態を踏まえ、どのように変わるか把握しておくと良いでしょう。

詳細

生え方で医院を選ぶ

女性

親知らずは生え方によっては抜歯が必要になってきます。なお、歯医者には一般歯科と口腔外科に分けられるので、どこに相談するか迷ってしまうでしょう。主に一般歯科で対応してもらえますが、斜めや横向きに親知らずが生えているという場合は、口腔外科に相談しておく必要があるといえます。レントゲン撮影を行ない、負担が掛からない抜歯の方法を考えていきます。難易度が高い歯科治療であれば口腔外科というふうに、掛かり付ける科を考えておいた方が良いでしょう。なお、歯医者はとても多いため、それぞれの評判を参考にして信頼できる所を見つけておくことが大切です。ネットからでもチェックが可能であるため、そこから歯医者を見極めておいた方が良いでしょう。

斜めに生えてしまった親知らずは他の歯を圧迫し、歯並びを変えてしまうこともあります。歯垢が溜まりやすい状態になってしまうため、事態が深刻化する前に、早めに歯医者へ相談しておくことが重要といえるでしょう。また、保険が適用されるため、親知らずの抜歯は数千円で済む場合がほとんどとなっています。抜歯を始める前に費用について説明をしてくれるかどうかも、信頼できる歯医者を選んでいく上で重視しておきたいことといえます。また、アフターケアも丁寧であれば、抜歯した箇所が化膿したり、出血が止まらなかったりするというトラブルを未然に防いでおくことができるので、その点についても重視しておきたいといえます。

Copyright© 2016 信頼できる歯医者で親知らずを抜こう|快適な口内環境へのヒント All Rights Reserved.