信頼できる歯医者で親知らずを抜こう|快適な口内環境へのヒント

歯の模型と治療道具

体力があるうちに抜歯

治療中の男性

親知らずの抜歯によって、頬が腫れたり、痛みを感じたりします。それらの恐怖から抜歯を後回しにしてしまう人も少なくないでしょう。なお、抜歯に最適な年齢といったら20代のうちといわれています。それから年齢を重ねていくにつれて回復力は下がってしまうため、親知らずの抜歯後によって感じる身体の負担は大きくなってしまうでしょう。痛みが少ないタイミングでもあるため、後々のことを考えて親知らずの抜歯について考えておいた方が良いかもしれません。また、親知らずの生え方によっては、ブラッシングがしづらく虫歯になってしまうこともあります。虫歯の影響が他の健康な歯に及ぼしてしまうため、取り返しが付かない状況になってしまう前に対策をしておくことが大切です。

親知らずが生えやすい年齢は18歳くらいからといわれています。生える本数は人によって異なりますが、上下左右4本生える場合も珍しくありません。真っ直ぐ生えており、他の歯に影響がなければ抜く必要はないですが、斜めである場合は抜歯を検討しておくことが重要になります。なお、年齢が若いうちに抜いておいた方がよい理由として、親知らずがまだ成長しきれていないということが挙げられます。歯茎には神経が通っていますが、親知らずの根が成長によって神経に刺さってしまうこともあります。それにより痛みや腫れを引き起こしてしまう恐れがあるため、すぐにでも抜歯の準備を進めておいた方が良いでしょう。年齢や経過によって親知らずの影響は変わるので、その点を踏まえ最良な選択をしておくことが大切です。

Copyright© 2016 信頼できる歯医者で親知らずを抜こう|快適な口内環境へのヒント All Rights Reserved.