信頼できる歯医者で親知らずを抜こう|快適な口内環境へのヒント

歯の模型と治療道具

麻酔や傷のケアが大切

歯科医師と患者

親知らずの抜歯には技術力が求められるため、丁寧に抜歯をしてくれる医師を見つけておくことが重要です。痛みを伴うので、麻酔を欠かすことはできません。しっかり効く麻酔を行ない、手間取らずにスムーズに抜歯を進めてくれると安心でしょう。親知らずによっては歯茎に埋没した状態で表に出てこないタイプもあります。そうなると歯茎を切開する必要があります。抜歯が済んだ跡は切開した箇所を縫合しておく必要があるため、そのようなケアも丁寧に行なってくれるかどうか事前に把握しておくことが重要でしょう。ケアが不十分であると、炎症や化膿を起こしてしまいます。また、血が止まらなくなってしまうこともあるので、その際にもすぐに相談が乗れる歯科を見つけておくことが大切です。抜歯の後は縫合した糸を抜くために1週間後くらいに歯科にいきます。簡単に行ける範囲の医院であれば安心でしょう。

元々歯医者が苦手という人は、親知らずの抜歯と聞いただけで不安な気持ちでいっぱいになると思います。なお、笑気麻酔を取り入れている医院もあり、笑気麻酔によって気分をリラックスさせていくことができます。不安になって血圧が上がるということを防げるので、スムーズで安全な親知らずの抜歯を進めていくことができます。また、抗生物質の他にも痛み止めを処方してもらえるため、痛みによるストレスを最小限に抑えておくことができるでしょう。それにより、親知らずによる問題をスムーズに解決することができて安心です。

Copyright© 2016 信頼できる歯医者で親知らずを抜こう|快適な口内環境へのヒント All Rights Reserved.